インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

フィルター制御

多くのプロセスにおいて製品を清くす るためにろ過が必要になります。通 常、ろ過は遠心機やデキャンタ、珪藻 土による最終研磨のための沈殿槽、または他のプレコートろ過のような粗い ろ過から始められます。

製品の清浄度をコントロールするた め、濁度計はろ過工程の最初の段階お よび各ろ過工程に設置されます。

効果的なろ過

optek C4000 コンバータ

optek社光度計は均一なプレコート材 の供給を保証するため、ろ過材の投入 をコントロールおよびモニタリングす ることができます。このことはろ過材 の使用量を減らし、効率的なろ過に必 要最低限な量を投入することによって 稼働時間を延ばします。過剰のろ過材 投入は効率的なろ過時間を低減し、製 品ロスとプロセスの停止時間を増加させます。

optek社のインラインセンサーを用い ることで飛躍的に設備の不具合と測定 者によるエラーを低減することができ ます。これらはコストのかかる再ろ過、設備の停止、製品品質の低下を避けることができます。optek社センサーは製品が次のプロセス段階に移される前に、正しい透明度が達成されることを保証します。

原水管理

optek TF16-EX-N デュアルチャンネル散乱光式濁度計

ろ過モニタリングに加えて、多くの大 規模処理装置はろ過のプレコート側に おいてAF16-N近赤外吸光センサーを 実装しています。この近赤外濁度計は 総懸濁物質量をリアルタイムに測定 し、流速よりもむしろ投入量を基にろ 過材をコントロールすることが可能に なります。ろ過材の追加を連続的にモ ニタリングすることにより、ケーキの 正しい厚さと均一さを保証するための 正確なプレコート濃度コントロールを 可能にします。このことでフィルター 寿命を延ばすためのろ過材使用量を最適化できます。プレコート材を堆積するにつれて、ろ液は段々と透明になります。ろ液が許容範囲に達したことを センサーが感知した瞬間、コンバータ はろ過制御装置へプレコート工程から ろ過工程へ切り替えるよう信号を送ります。

AF16-Nセンサーは重い固形物の残留 やプレフィルター不具合の検出にもに 使われています。ユーザーが設定した 高濁度閾値に達したとき、フィルター は再循環モードに切り替えられ、流入 物は沈殿タンクや分離機に回され、再 ろ過されます。これはフィルターの機 能低下を防ぎ、ろ過材の寿命を延長します。

逆洗(B/W)の最適化

インラインセンサーは水中の濁度を測 定することによってフィルターの逆洗 工程の最適化にも使用することも可能 で、時間およびエネルギー、水のロス を減らします。

ろ液の流れ

製品の品質を保証するため、フィル ター出口で濁度を測定、コントロール することは必要です。optek製 TF16-N 散乱光式濁度計は要求される清浄度を達成するため、0-0.5から0-500PPMまたは0-0.2から0-200FTUという非常に低い濁度をモニタリングします。

インライン濁度計をろ過工程に設置す ることは清浄度が許容範囲内に成るま で、自動的に再ろ過工程へ回すことを 可能とします。このことは作業時間を 減らし、ろ過の性能を向上させます。

ライン中に直接設置されると、optek 濁度計はフィルターの性能を最適化 し、フィルターの不調や故障を直ちに 検出します。これらの濁度計はたくさ んのサンプリングおよび品質保証のた めのラボ分析を飛躍的に減少または除外します。

品質コントロール

プロセス制御や品質保証に役立つツールであることの証明すとして、optek 濁度計は製品の清浄度を常に維持することを保証します。製品のロスを減ら し、ろ過の処理能力をを増加させ、ろ 過材の使用量を最適化することは optekインランセンサーがもたらす、 ほんの少しの利益に過ぎません。