インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

分離機の制御

出口(濃縮)制御

optek AF16シングルチャネル分光センサ

NIR(近赤外)分光光度計AF16又はAS16-Nを出口に装備した遠心分離機は、無駄な排出を不要にし、固形物(酵母)の残りが上澄み液中に検出された時にのみ起動することができます。これらの排出頻度を計測することで、投入される固形物量の指標となります。これは、高投入量で最大限の分離性能を実現できるように流量を調節することを可能にするだけでなく、低投入量でも最大限のスループットを可能にしています。また、お客様のアプリケーションにもよりますが、オプションで、NIR分光センサの代わりに散乱光センサTF16-Nを設置して、最低測定レンジを保証することも可能です。

供給制御

供給ラインに2番目のNIR(近赤外)分光光度計AF16又はAS16-Nを設置して投入量を直接測定する事で、変動するプロセス条件に対して迅速に応答することができます。例えば、大量の固形物スラグを迂回させて分離機のボールが詰まるのを防止することができます。このような事故は、それを防止するために使用するアナライザよりもコスト上高価な損害を伴います。もちろん上流での適切にビールと酵母の界面を検出することでも、大量の固形物が分離機を塞いでしまうのを防止できます。精製された流れが販売できるほど十分に澄んでいる醸造所もあります。この場合、散乱光センサTF16-Nは濁度の品質管理だけでなく分離制御にも使用されます。

optek C4000 制御用コンバータ

バイパス混合制御

散乱光センサTF16-Nは、NIR(近赤外)分光光度計AF16又はAS16-Nの代わりに、酵母の濃度制御に有効な場合もあります。1本のバイパスラインを使用して、一定量の濾過されていないビール又は酵母を澄んだプロセスの流れに戻します。この設備を採用することで、一定したビールの品質を保証することができます。サンプルの抽出やマニュアルでの投入無しに濁度をインラインで制御し、時間とコストを節約しています。

濃縮流制御

分離機の濃縮流には、NIR(近赤外)分光光度計AF16又はAS16-Nを装備することができます。この場合、極めて短い光路を使って、分光測定を直接重量百分率に正確に相関させます。これによって、歩留まり測定と製品の品質管理が可能になります。