インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

製剤と充填

製剤と充填の工程では、ミキサ、タンク液面、ポンプ稼働、pH、温度の変化に起因する濃度等の変化および実験室における測定値との濃度等の不一致を確認することができます。optekセンサは現場担当者と品質管理担当者に濃度等のデータを逐一得られるようにし、合格幅内に合うようにさせたり、不適合な製品ロットを次工程へ進ませないようにすることができます。この結果として多くの不良品発船を防ぐ知識を得るとともに追加となるコストの発生を防ぐことができます。

optek AF16-VB-N 校正アダプタ付シングルチャンネル吸光度計

optekセンサのインラインへの設置は濃度等の測定値や適合性、生産性の改善をおこなうことができます。optek AF16-VB-Nは充填工程において製品の懸濁物濃度が安定したレベルとなるように測定を行えます。センサはタンクや工程の入口側、出口側に直接取り付けられます。充填装置の検査箇所も同様です。

製品によってはoptekインライン式センサは濁り(濁度)、色(色度)、希釈の程度、生物製剤の乳白光を測定することができます。

逐次の品質データの提供は最善なQA / QC書類に完全なバッチデータと工程管理データを記録することができます。

濁度

多くの製品はその製品の濃度と関連した基本的な濁度を持っています。optek濁度計は幅広いダイナミックレンジを持ち、低濃度から高濃度まで高精度に測定できます。

希釈

いくらかの製品は適切な投薬量を得るために希釈し濁度を調節することがあります。optekインライン式センサはその変位を測定し、充填機に流れ込む前に目標用量であることを確認することができます。

乳白光 / かすみ(ヘイズ)

いくらかの生物製剤は充填機に投入する前にタンク内に貯留されることがあり、そこで『乳白光(オパール光)』と呼ばれる現象を生じることがあります。この現象は温度変化などにより引き起こされ、通常好ましくない効果となります。これはたいていは見た目の美しさであり、多くは薬品の有効性に影響しません。しかしながら、いくらかの企業はこの“望まざる“現象のため、この製品ロットを不適合とします。optek UV計や散乱光式濁度計はわずかなレベルにおいて生じた乳白光を測定することができます。このため製品品質を確保するために現場担当者が即座に製品ロスの発生を防ぐことができます。