インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

クロマトグラフィー

バイオテクノロジーにおけるタンパク質の精製は下流工程において通常、一回以上の液体クロマトグラフィー工程が含まれます。

optek 8000 複合コンバータ

optekのインライン吸光度計とpH・導電率のセンサは明確にリアルタイム測定および工程操作のために設計されています。 optekシステムは生産量の最大化と品質の改善のためのより一層の各バッチの基準作りを可能とし、生産の一貫性と再現性を示すことによりクロマトグラフィー工程の精製を改善します。

クロマトグラフィー-カラム前監視

温度計を併せ持つインライン式導電率計ASF60はpH電極用アダプタPF12とともに温度、導電率、pHのリアルタイム測定を可能とします。

クロマトグラフィー-カラム後監視

精密かつ高い信頼性、再現性をもつカラム後測定は生産性とタンパク質/DNAの分画率の最大化をバッチごとに精密に実施するために精製工程において必須です。

カラムの下流側に直接インラインに設置されたoptek1波長測定UV計AF45または2波長測定UV計AF46は精製工程の効率を改善します。製品純度の確保と、オフライン測定と手分析の大幅な削減を可能とします。

バイオ用途測定セル 導電率計optek ACF60およびpH電極アダプタoptek PF12

NISTトレーサビリティをもつ校正フィルターセットは工程管理者による迅速かつ繰り返し可能な方法によるセンサを取り付けたままでのバリデーション作業を可能とします。

特許取得済み6電極式、4極導電率計ACF60とpH電極アダプタPF12は、わずかな滞留容量である改良されたシングルユースセルに組み込まれており、全工程を管理することができます。 幅広い測定レンジを持つ導電率計はバッファ液から洗浄液の管理の間の遷移の監視をおこなうことができます。PF12はpHの測定によりゲル充填の調節に使用されます。さらに平衡法により測定されカラムの完全性が確保されます。

2波長測定

特許取得済み6電極式、4極導電率計ACF60とpH電極アダプタPF12は、わずかな滞留容量である改良されたシングルユースセルに組み込まれており、全工程を管理することができます。 幅広い測定レンジを持つ導電率計はバッファ液から洗浄液の管理の間の遷移の監視をおこなうことができます。PF12はpHの測定によりゲル充填の調節に使用されます。さらに平衡法により測定されカラムの完全性が確保されます。

2波長測定は280nmを用いた分画の回収の始点と終点の検出を低いOD(光学密度)において高分解能での測定を可能とします。

波長254nm/280nmにおける測定は精製精度やタンパク質の核酸(DNA/RNA)濃度の評価に使用できます。optekインライン式センサはモジュール式のため、様々な光路長(OPL)を選択できます。要求される測定レンジに応じて、OPLと波長の組み合わせ仕様が高い再現性と線形性を得るために決められます。

C8000 – 1基の精密コンバータにより5種のセンサから8項目の測定値を取得

optek AF46-VB 校正アダプタ付デュアルチャンネルUV吸光度計

クロマトグラフィーシステムにおいて下記の測定項目が要求されます。

カラム前

わずかな滞留容量の1つのセルに下記センサが組み込まれます。

  • 導電率 (optek ACF60)
  • 温度 (optek ACF60)
  • pH (optek PF12)

カラム後

わずかな滞留容量の2つのセルに下記センサが組み込まれます。

  • 2波長UV測定 (optek AF46)
  • 導電率 (optek ACF60)
  • 温度 (optek ACF60)
  • pH (optek PF12)