インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

システム校正

製品について

optek校正アクセサリは、optekシステムの校正と検証が簡単にできるように設計されています。

UV検知器

測定値の信頼性を確保するために3種類の固体フィルタが利用できます。UV‐Lフィルタシリーズは測光精度と直線性を校正するために使用されます。UV‐Bフィルタシリーズは遮蔽の完全性を検証するもので、UV‐Sフィルタシリーズはセンサの長期間の安定性を試験するものです。

VIS/NIR検知器

最高の測定性能を確保するために、波長(領域)ごとに特別な固体フィルタシリーズが利用可能です。測光精度と直線性を校正するために校正フィルタが使用されます。

NISTトレーサビリティ

optek UV/VISの校正フィルタは、すべてNIST(National Institute of Standards and Technology:米国標準技術局)のトレーサブル証明書を付けて出荷しています。optekの研究所には高品質のNISTトレーサブル分光光度計が備えられており、品質保証と迅速なフィルタ証明書更新が実現されています。

コンセプト

optekの校正に関するコンセプトの利点には次のものがあります。

  • 複数の検知器に対して1つのフィルタ(またはセット)を使用し、同一の校 正を実現する。
  • 校正証明書更新のために送り返すために必要があるのはそのフィルタのみで、検知器は動作を継続できる。

校正フィルタUV‐L

定格吸光量:0.45、0. 9、1.8、2. 4 CU

校正フィルタUV‐B

定格吸光量:3 CU以上

校正フィルタUV‐S

定格吸光量:用途ごとに異なる

校正フィルタVIS‐L

定格吸光量:0. 45、0.9、1.8 CU

校正フィルタNIR‐L

定格吸光量:0.45、0. 9、1.8 CU

校正ケース 最大7個の校正フィル

タを収容

Top of page

校正キュベット

独自の校正キュベットにより、プロセスラインとの干渉なしに、プロセス分 析計の校正が可能になります。これにより、現場において吸光信号と生産品の濃度の相関関係や等価物質量を定めることができ、ラボとプロセスの相関を容易にとることができます。

Top of page