インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

リーク検出 / コンデンセート / キャリーオーバーモニタリング

一般的な測定レンジ:

  • 水中油
  • APHA / Hazen(色度)
  • 芳香族 UV吸光

リーク検出

多くの化学工業プラントにおいて重要な懸案の一つがリーク検出です。すべての産業の会社ppmレベルの炭化水素や芳香族化合物、化学物質を管理することが求められており、リークする物質によっては専用の検出方法が必要な場合があります。optek では検出したい物質のパラメータをベースにカスタマイズするため、いかなるプロセス中のコンディションにも対応できる、信頼性の高いリアルタイムモニタリングシステムを提供することが可能です。

optek TF16-EX-HT-N デュアルチャンネル 散乱光式濁度計

熱交換器モニタリング

熱交換器では、通常低圧側に流れている水に、高圧側から炭化水素などの有機溶媒がリークすることが問題となる、良く知られているアプリケーションの一つです。リークした物質が水に溶解しないこのようなケースでは、水をoptek のTF-16-Nという散乱光を検出する濁度計を用いることで、水中油やアミン、粒子や炭化水素、またガスによる気泡などもシングルppmレベルまで検出することが出来ます。

optek C4000コンバータ用 ステンレスケース

反対に、数種の化学物質が引き起こすコンタミや色の変化など、リークした物質が水に溶解するような場合には、異なる2つの波長の吸収を検出するAF26での水のモニタリングが適しています。AF26は色の変化の原因となるいかなる不純物も仮想的に検出することで、多種の化学物質をppmレンジにまで検出することが可能です。また芳香族化合物などのリーク物質にはAF46を使用することでppmレンジまで検出することが可能です。AF46は、紫外線領域(UV)で吸収を示すリーク物質に有効な装置です。

C4000コンバータでは、センサーから受信した信号を濃度換算し、プロセスの管理 / 監視機能に対し指示信号を発します。たとえば天然水源を利用して一方向に水が通過するような熱交換器で、水が油滴などであるレベルの濁度や色を含んでしまう場合、熱交換器の媒質入口及び出口にoptekセンサを設置すると、C4000コンバータ一台で両センサ間での濁度の差を監視することが可能です。また、濁度の差を監視するだけでなく、C4000コンバータからアラーム信号をプロセス側に発信することでより優れた監視を、しかも全てリアルタイムで実現します。またオプションでProfibus® PAやFOUNDATION™ Fieldbusにも対応可能です。

optek AF46-EX-HT デュアルチャンネルUV計

optek のセンサやコンバータはいかなる電気的条件でも設置可能であり、100bar(10MPa)までの高圧環境下や240℃までのプロセス温度下でもご使用いただけます。またセンサは最大6インチ(150A)までの配管サイズに対応しており、多様な配管継ぎ手や材料をご用意しています。optek 製品はすでに稼働しているお客様のプロセスに最適なカスタマイズを提案することで、稼働コストの削減や品質向上、プロセスの停止時間の縮小を実現します。

ボイラー凝縮水とキャリーオーバ検出

optek C4000 コンバータ

ボイラーコンデンセートや、冷却水、キャリーオーバーなど、熱交換器の低圧側のような装置には、他の製造プロセスやプラント内のボイラーシステムのコンタミを防ぐための監視システムが求められています。継続的なインラインモニタリングは、凝縮水の再利用やリボイラーを可能にし、燃料や水、化学物質の使用量の節約を実現します。

熱交換器の監視と類似して、コンタミを起こす物質の測定にも凝縮水を監視する目的でセンサを複数台使用することが求められています。ボイラー凝縮水の監視は、optekの耐熱仕様のセンサが多く使用されるアプリケーションであり、100℃を超える凝縮水やプロセス流体を流すための高圧力環境にも対応します。