インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

ハロゲン濃度

optek社は高性能インラインプロセス 測光分析装置を化学産業に提供しています。プロセス内の重要的ポイント (入口側パイプ、出口側パイプ、リア クターの残存ガスまたは排水)に設置 されたこれらの測定器は優れた投資収 益を提供します。

塩素濃度

塩素は化学薬品や製薬、消毒剤、脱色 剤、殺虫剤の製造工程において重要な 役割を担います。optek社プロセス測 定器は信頼性および再現性の高いインライン塩素測定を提供します。これら の塩素濃度測定はリアルタイムに行う ことが可能で危険なサンプリングは必 要ありません。

optek C4000 コンバータ

プロセスガスの測定では低~高%の範 囲で測定可能であり、液相ではppmレ ベルの測定が可能です。オプションで 高圧、高温、ATEX及びFM防爆仕様を 用意しています。

フッ素や臭素、ヨウ素のような他のハ ロゲン測定においてもガス、液体の両 方で測定可能です。

測定

optek AF26-EX デュアルチャンネル吸光度計

optekのデュアルチャンネルセンサーは2番目の波長を使うことでバックグ ラウンド濁度または他の媒介成分によ る影響を自動的に補正します。温度や 圧力を測定する他の装置からの信号は生のハロゲンガス濃度を補正用として直接使用されることが推奨されます。optekのC4000コンバータは最大2つのmA入力を受け取り、補正信号を表示し、4つのmA出力またはPROFIBUS® PAやFOUNDATION™ Fieldbusを経由して転送します。

上の図で示すように、塩素は実濃度を 測定するために容器の入口で測定されます。排気口では、法的規則及び大気 への過剰排気を防ぐためガス相で塩素濃度がモニタリングされます。バイパ スや外部ラインに設置されたセンサーは液相の塩素の実濃度を測定します。 これらの3点でモニタリングすること は排気物を減らし、製品ロスを最小限 にして最高のプロセス性能を保証します。

optek C4000用 EX-D防爆ハウジング

測定物の反応性が非常に高いことよ り、測定器の接液部品はチタンや TFM、サファイア、フッ素系ゴムOリ ングのような耐食性材質で作られま す。これらの素材は塩素液のような強 腐食性に耐えることが多数の納入実績 により証明されています。

効率の改善

化学プラントでoptekセンサーを使用 すると高濃度から低濃度のガス及び液 体のハロゲンをリアルタイムにモニタ リングすることが可能になります。

排気ガスをモニタリングできることは 塩素化反応における塩素の過剰排気及び消費を削減すると同時に大気汚染を防ぎます。

ダイナミックコントロールループにお けるクロリネータへの供給速度をコン トロールすることは生産効率を最大化 し、サンプル調整コストを最小にします。