インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

色と濃度

色測定

optek AF26-EX-HT デュアルチャンネル吸光度計

プロセス液の色測定は、正確なプロセス制御と製品の品質規格を満たすための非常に重要な工程です。色の変化は、過加熱、希釈率、溶解不純物及び製品の終わりのような他プロセスの変化を示します。これらプロセス中の色測定は従来、工程の配管よりサンプリングし、ラボで目視や測定機を用いて行うものでした。optek の色度計は、配管に直接設置することでプロセスの色変化をリアルタイムかつ高精度に測定します。

色測定は、センサーに搭載されたランプの光が、配管を流れる試料を透過して検出器に到達する構成となっており、光が試料に当たった際に起こる光の吸収により、検出器側で光の増減が確認できます。ある波長に依存した光の吸収の度合いが色味や色の変化を示すものになります。

色味の変化による光吸収の変化はセンサ内の検出器で監視され、その信号がC4000コンバータへ送られます。C4000コンバータでは光吸収の度合いをAPHA/HazenやASTM、Syboltなどの相関性のある単位に変換、信号をPLCやDCSへアナログ信号で出力したり、PROFIBUS® PAやFOUNDATION™ Fieldbusに送ることができます。またC4000に搭載のディスプレイでは、リアルタイムでパラメータ数値が表示されるため、ユーザが即座に今まさに流れているプロセスの状態を把握することが出来ます。

濃度測定

測定は与えた波長においてC U (Concentration Unit:濃度単位)に よって表わされ、光と相互作用する問 題となる成分の濃度に相関します。検 出器における狭いバンドのフィル ター、および適切な光路長(OPL)の 選択は測定の感度と正確性を決定します。全体として、より小さい波長バン ドとより長い光路長を用いると、より 感度の高い測定ができます。

optek C4000 コンバータ

プロセスの最適化

不純物の検出、製品ロスの低減化、リ アルタイム製品保証はインライン色度 計を用いることにより実現できます。 加えて、これらの分析器は飛躍的に検 査室と製造コストを低減し、人的誤差 を取り除き、周囲からのコンタミを防 ぎます。

典型的な応用例

  • カラースケール (APHA / HAZEN / Pt-Co / ASTM D-1500 / Saybolt / Gardner® 他の単位)
  • 二酸化塩素の濃度
  • 遷移金属 (ニッケル、銅、クロム、鉄、コバルト、マンガン)
  • 着色工程、または脱色工程制御
  • 漏れ検出 / 残渣検出
  • 製品表面および注入、混合制御
  • 希釈制御
  • 溶媒・エポキシ樹脂混合物の品質管理(APHA/Hazen/Pt-Co, ppmFe)
  • 有色添加物および触媒の濃度測定 (例 塩酸中の鉄)
  • 電解メッキ工程 (例 ニッケルメッキ)
  • 銅箔プロセス中の硫酸銅濃度
  • 水 / 有機溶媒比測定
  • 次亜塩素酸濃度