インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

フィルタ制御関連アプリケーション

フィルタ制御11°/90°

フィルタ制御11°/90°

optekのHaze Control/DTF16濁度計は、色と色の変化に関係なく、最終濾過時に精密な品質管理を保証するデュアルアングル散乱光測定を採用しています。フィルタ下流において、このセンサを使用することで、フィルタの破過点を検出し、不良品を防止する一方で、製品の品質と各濾過ステップでの透明度を保証します。

optek DTF16プロセス濁度計

供給モニタ

optekのAS16-N又はAF16-Nを使用することによって、供給配管内の濁度をモニタし、精密な供給制御を実現するだけでなくフィルタの目詰まりや閉塞を防止しています。また、必要に応じて、貴社が使用しているHaze Control/DTF16濁度計に、コンバータを増設せずに更にセンサを追加することができます。

フィルタ逆流の最適化

供給モニタに使用するoptekのAS16-N又はAF16-Nは、水中の濁度を測定し、時間とエネルギー及び水の使用量を節約することで、フィルタの逆洗処理を最適化するためにも使用できます。

optek Haze Control

濾過助剤の投与量

Kieselguhr(ケイソウ土)又はPVPP(ポリビニルポリピロリドン)等の濾過助剤の投与量を、optekの吸光度又は散乱光センサで制御することができます。濾過助剤の投与量を最適化することによって、コストの削減と同時に製品品質の安定を保証することができます。

相分離

Haze Control/DTF16システムは、AS16-N又はAF16-Nと組み合せて使用することにより、ビールの色度を測定することもできます。この測定では、ビールと水の間の相分離を制御して、製品を迅速に切り替えることができるだけでなく、製品の品質を維持し製品の損失を最小限に抑えることを可能にしています。

フィルタ設定のモニタ

DTF16センサの0°吸収チャネルを使用することで濁度を最高500 EBCまで測定可能なため、フィルタのプレコートサイクルをモニタ及び制御することができます。これによって、フィルタを更に最適化することができます。

Top of page

Haze Control の物理

Benefits of 11 degree measurements

11°測定採用の理由

前方に散乱する光は、粒子サイズに敏感で,その強度は酵母、トゥループ、及び珪藻土等の粒子を検出可能で、極めて低い濃度でも粒子に起因するフィルタの破損や濾過濁度を効率良く検出します。この点において、11°測定は非常に感度が良く、適切な濾過制御と最適化に不可欠な非溶解物質と相互に関連しています。

11°測定が従来の25°測定よりも優れている理由

11°で散乱する光は、高い信号に対してより効果があり、25°で一般的なコロイド物質から影響を受ける事なく異常な粒子を迅速に検出します。これは、濾過の問題を直ちに特定することにも役立ちます。

フィルタ制御11°/90°

90°測定採用の理由

90°での濁度測定は、コロイドに対して感度が高く、ビールの透明度の品質チェックに使用されます。90°測定はプロセスの評価に間違って使用されていましたが、実際の非溶解物質とは相関関係はありません。近代的な醸造所では現在このパラメータをインラインで測定できるため、ビールを自動的に提供することができます。

0°吸光測定採用の理由

0°吸光チャネルを使用する事で、11°又は90°測定結果の範囲をはるかに超える、より高い濁度レベルでの測定が可能になります。これによって、フィルタのプリコードサイクルもモニタ・制御することができます。従って、フィルタの最適化の新たな機会が提供されることになります。

ラボと実際のプロセスで表示が異なる場合がある理由

パイプ内のビールは、均質で加圧され、一定温度に保たれています。一方、ラボでは、サンプルが変化する時間があり、固形物が沈殿する場合があり、温度変化がコロイドの溶解度に影響し、その結果測定も影響を受けます。また、採用されている較正方法とともに、設備自体の光学構成の違いが比較結果にも影響します。

Top of page

Haze Control の技術

optek DTF16プロセス濁度計

制御は力なり

濾過は、醸造プロセスで最も重要なステップの一つです。optekのHaze Control DTF16は、この重要なプロセスを測定及び制御し、リアルタイムの品質評価を実現しています。単に設備によってビールを生産するだけでなく、ビールの損失、媒体使用量、及び生産コストを低減し、濾過能力を向上させて一貫した製品品質を保証しています。

工場ゼロ点調整

optekのHaze Control DTF16に秘められたパワーは、工場ゼロ点調整です。疑わしいゼロ培地(処理水)やオフラインのゼロ調整手順は、もう必要ありません。既知の技術参照ソリューションと最も純粋なゼロ培地を使用して、optekは工場の較正と精密なゼロ点を開発しました。このドリフト無しの工場ゼロ点によって定期的な設備のゼロ調整が不要になり、時間とコストが節約できるだけでなく、オペレータへの依存を解消しています。複数箇所の設備に頼る場合に、これは極めて有益です。

工場較正

optekのHaze Control DTF16は全て、今日処理プラントで使用されているその他の規格と相互に関連するEBC規格に従って較正されています。この較正は設備の寿命期間中安定しており、再較正は不要なので、低コスト・オブ・オーナーシップを実現しています。これによって、精密で再現性と信頼性に優れた測定を複数の設備サイトで保 証しています。また、ユーザーが選択可能な測定単位と内蔵され相関表は、醸造所に無類の柔軟性を提供しています。

設計が実現したドリフトの解消

optek DTF16プロセス濁度計

散乱光センサのベースラインドリフトは、長い間解決の難しい問題でした。これは通常、光源自体、摩耗したコーティング、又は外部光(覗き窓等)からのセンサアセンブリ内の反射よる不要な散乱光や迷光に起因します。この迷光が測定に予期しない影響を与えます。optek DTF16は、最先端の構造を内蔵し、迷光の方向を変えてディテクタから離すことによって、この問題を解消しています。これは、コーティングに依存しない清浄で衛生的な設計を採用しています。この革新的な設計をoptekの伝統的な信号増幅安定性、デュアルビーム・レシオ・ディテクタ、及び最先端Haze Controlファームウェアと組み合せることで、長期にわたって優れた性能を発揮するドリフトの無い較正不要のプロセス濁度アナライザを実現しています。

必要な時に必要な情報を

使い勝手を第一に考慮して設計されたHaze Controlソフトウェアは、7言語から選択可能です。4つの送信結果に加えて、Haze Controlはデータロガーを内蔵し、連続した動向情報を提供します。このデータは現場で表示でき、コンピュータにダウンロードして製造担当者がプロセスの一貫性を確認し、過去の問題を徹底的に調査する事を可能にしています。

必要に応じた通信機能

Haze Controlは、複数の通信オプションを提供しています。最多で4つのmA出力を同時に使用してデータを送信、及び標準の入出力インタフェースを使用してコンバータを遠隔制御することができます。また、バス通信機能であるPROFIBUS®PAを使用して、貴社の(将来の)バスシステムにシステムを統合することができます。

Top of page

生産ラインからラボ

生産ラインからラボまでを一つの光学設計で実現

optekの2つの新製品は、飲料産業向けに特別に設計されています。optekのDT9011は、瓶収容ベンチ上部据え付け型濁度計です。プロセスセンサDTF16は、ラボでの評価を全て不要にできる本格的なリアルタイムQA/QC濁度アナライザです。この2つの製品モデルは両方とも前方散乱角度11°及び側面散乱角度90°で測定します。

optek Haze Control DT9011ラボ用濁度計

両方の角度での測定結果は同時に表示及び記録されます。ラボシステムの測定信号は、optek DTF16シリーズのインライン濁度計に適合しているので、ラボに対するプロセス表示値の妥当性確認が可能です。角度90°では、透明度を評価するためにコロイドヘイズを測定します。いずれの角度もEBC又はFTUで読むことができます。11°測定値は、ppm 又はASBCで読むことができ、90°測定値はHelms又はNTU単位でも読み取り可能です。これら両方の角度で測定することで、ラボの担当者が完成したビールの濁度を分析する時に、相当量のデータを提供することができます。

11°で前方に散乱する光は、粒子サイズに敏感で,珪藻土や酵母等の異常な粒子を検出可能です。また、この散乱光は、非溶解物質と相互に良く関連しています。一方、90°側面散乱光は、コロイドやヘイズに対して敏感です。11°前方散乱光を使用すると25°での測定よりも効果があり、コロイド物質からの影響をほとんど受けないため、ヘイズが原因で高い値を誤って表示することはありません。これで、濁度成分の性質を知ることによって、レシピ、プロセス、及び装置に関連した濾過に関する全ての問題を容易に診断することができるようになりました。

このoptek DT9011を使用することで、水槽内にサンプルを置いて、1回転の間に250回測定した後、最先端のデータ解析が可能になります。これによって、瓶の色や形状だけでなく、サンプル瓶の傷、継ぎ目、及びその他の欠陥の影響を全く受けることはありません。

Top of page