インラインプロセス制御ソリューションを全世界に展開

醸造所の濁度

麦汁透明度のモニタ

濾過槽の流出透明度は、伝統的に醸造所の担当者が直接モニタしていましたが、現在では散乱光ベースの光度計TF16-Nで行われています。

optek TF16-N散乱光デュアルチャネル濁度センサ

測定レンジは、到達される透明度レベルと測定予測に依存します。この機器は、抽出流内の固形物濃度を連続モニタして、所定の透明度レベルに到達した時に醸造タンクに向かって流すよう自動的に表示します。

更に重要なことは、ハスク・ベッド・アップセット、又はベッドカットによる固形物濃度の上昇に対して自動的に応答します。到達する通常の透明度にもよりますが、この測定結果も、%TSS(総浮遊物質)と相関関係にあります。測定結果は、流量データと組み合わされて、1つの%TSS加重平均値を算出します。この段階のプロセスの制御は、運用効率及び風味と透明度の安定性の両方を実現できる予測可能な下流固形物含有量を提供します。

糖化フィルタのモニタ

麦汁を透明にする為に糖化フィルタを使用する場合、濁度モニタがより重要になります。製品の損失を低減しフィルタの寿命を改善することによって、より良い品質を達成します。吸光度信号と極めて低濃度の粒子を広い濁度範囲にわたって精密にモニタする散乱光ベースの光度計TF16-Nを同時に使用して、フィルタの破損を直ちに検出することが可能です。自動化されたアラームがフィルタの破損を警告するので、フィルタのセットアップ時間とCIPサイクルに要する時間も最適化されます。